読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

積ん読王の 自由画帖

〈読み、考え、旅をし、見て、話して、書く〉同時代ノート。

バームクーヘンの焼き色は? ~保育園最後の運動会

21 42歳からの子育て 20 同時代ノート

以下の文章は、娘の運動会のアンケートを求められたのものをリライトしたもの。


園長先生、担当先生、スタッフのみなさま

運動会は、大変お疲れ様でした。
演技指導はもとより、準備設営、当日の運営と、いつもながらに体当たりに動くみなさんにいつもアタマが下がります。
生憎の雨天ではありましたが、体育館のなかでも子どもたちが伸び伸びと動いているのを観て、与えられた条件のなかで精一杯やることの大切を感じました。
娘が保育園最後の運動会なので、わたしの母、義母、従妹も観戦しましたが、みな一様に喜んだり、涙ぐんだりしていました。

いきなり、泣きながら入場

娘が出場する「運動」プログラムの冒頭、入場する彼女が泣きながら行進してくるのを見たときには、われわれ一同びっくりしました。
たしかに自宅で「側転」を練習するのを眺めていると、とても上手とは言えませんでした。
また、「大縄跳び」についても、あまりしゃべろうとはしませんでした。ダンスはよく練習していましたが。

でもまさか泣いて入場してくるとは・・・(苦笑)。
本番もきっと大したことはないんだろうなと、こちらとしても大して期待せずにいましたが、それは本人がいちばん自覚していたことなんでしょう。
「なぜ泣いたの」とあとから訊くと、「こわかった」と言っていました。
うまくできない自分が許せなかったのかもしれません。感情が整理できなかったんでしょう。



しかし、彼女は泣きこそしたものの、そこから逃げないでしっかりと本番で「側転」をしてくれました。しかも、他のお友だちが次々とうまくこなしていくのを見たうえで、です。
結果も上々で、決して巧いとはいいませんが、他と比べても遜色ない出来の「側転」でした。それは本人が一番解っていたようで、しっかりとやり遂げた、上手くいったという表情を見せてくれましたね。
ま、どや顔、です(笑)。
後で、I先生からも「お父さん、見ました? あの顔! やったぜって顔でしたよね」と言ってもらいました(微笑)。

「本番」力!

そこで自信がついたのか、続く大縄跳びでも与えられた課題をこなしていってくれました。


最後に、娘含めたクラス全員が縄にはいって同時に跳ぶという大縄跳びでは、何と30回を超えるスゴイ結果を見せてくれましたね!
前日までは19回が上限だということだったのに。
じつは娘は大縄のはじっこのほうで跳んでいました。端っこにいけばいくほど縄自体の高さがあがるので、跳ぶ方はそれを意識して高く跳ばないといけませんよね。


そこの端っこに、なんとうちの娘がいるではないですか!
センセイ、なんでそこにアイツを置いたんですかあ!


観ているこちらは、もうハラハラドキドキ(笑)。ビデオ撮影もままなりません。
もしあの子が足を引っかけでもしたら・・・。みんなの足を引っ張るようなことでもしたら・・・。
久しぶりに、神様に、マジ祈りました。


でも結果は御覧の通りでした。
もう一同、ウルウル状態です。ここで涙を隠すのは自分に正直ではありませんね、大いに泣かせてもらいました。

レジリエンスの獲得

いま、子どもの教育では「非認知能力」、「レジリエンス」をいかに子どもたちが獲得していくのかが課題となっていると聞きます。
娘の演技を観ながら、獲得に近道はないと感じていました。


まるでバウムクーヘンが、その生地をゆっくりゆっくりと重ね火を通し太く焼き上がっていくように、ひとつずつひとつずつ丁寧に「体験」を重ねていきながら、その力をつけていくしかないのではないかと感じています。
今回の運動会が、そのバウムクーヘンの生地となってくれ、また美味しく焼き上がったことと信じています。
そして、その生地にきちんと火を通し、見事な焼き色をつけてくれ、またひとつ美味しさを加えていただいた、先生方、スタッフのみなさんに父親のひとりとして、深く感謝いたします。

息子もまた成長

ここまで娘のことしか書きませんでしたが、2歳息子もまたずいぶんと成長してくれました。
思えば今年2月の「お楽しみ会」では、人前に立っても演技は出来ず、ひとり泣き出すくらいでしたが、今回はなにも臆せずきちんと演目をこなしてくれていました。
「ホットケーキの競争、楽しかったよ!」と笑って報告してくれました。彼もまた、これからいろんなことを体験していってくれることと信じています。ご指導いただいた先生方に感謝いたします。


これを書いている日曜朝は晴れています。昨日がこの陽気だったらと恨めしくありますが、言っても詮方ありません。与えられた場所でやるだけです。
娘はさっそく「今週の芋掘り楽しみだなあ」と昨夜待ち遠しそうに言っていました。
運動会が終わって、先生方も息つく暇もないかもしれませんが、何卒宜しくお願い申し上げます。


最後に、今回の運動会ではつつがなく進行したことをまずは喜び、そして改めましてみなさまに感謝申し上げます。
有り難うございました。

f:id:zocalo:20161002093250j:plain