読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

積ん読王の 自由画帖

〈読み、考え、旅をし、見て、話して、書く〉同時代ノート。

【終了】ゴジラとエヴァンゲリオンの読書会

10 武蔵小杉読書会

本イベントは終了しました。
参加いただいたみなさん、有り難うございました。

本日の読書会では、はじめて板書しましたが、まだまだですね。
後ほどレポートアップします。
f:id:zocalo:20160927233112j:plain

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

こんばんは。
読書会ファシリテータの穂崎(@xaqihooo)です。


あと90分ほどで、読書交流会「こすぎナイトキャンパス」が開かれます。
www.kokuchpro.com

今回のテキストは、長山靖生ゴジラエヴァンゲリオン』(新潮文庫)。


2016年夏、わが地元・武蔵小杉の地をゴジラが蹂躙していきました。そのまま多摩川・丸子橋へと進行。
ご存知の「タバ作戦」が展開され、首都圏最終防衛ラインと位置づけられた一帯は、焦土と化したのでした。


そんな「シン・ゴジラ」をつくった庵野秀明が手がけた代表作が「エヴァンゲリオン」です。本書ではゴジラとともにエヴァについても語られ、庵野秀明の企みや両作品の共通性などが語られています。

本を読んでそれらを味わいつつ、参加者のみなさんとゴジラエヴァの「面白さ」「共通項」「違い」「わたしだけの発見」などなどを語りあっていこうと考えています。


よかったら、是非お立ち寄りください!