読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

積ん読王の 自由画帖

〈読み、考え、旅をし、見て、話して、書く〉同時代ノート。

ビニール傘 やがて悲しき台風一過(字余り)

20 同時代ノート

台風9号、MINDULLE(ミンドゥル)が、首都圏を通過していきました。これから進路にあたるみなさんは、くれぐれもお気をつけください。
早朝には、じわじわとその触手を伸ばしたと思ったら、あっという間に都心を呑み込んでいました。
ぼくは、このところ早朝出勤しているので、電車も止まらず大雨にも降られずオフィスに駆け込むことができましたけども。
f:id:zocalo:20160822224801j:plain

比較的のんびり台風だったみたいで、行きはよいよい、帰りはこわい、電車が動かなくなるんではとびくびくしていましたが、こちらもなんとか多摩川を越えることができました。

Yahoo!の運行状況を覗いてみると、いつも使っている路線にたいして「なんで、今日という日に動いているのよ!」という怒りが投げかけられていました(苦笑)。
ふだん、動いてほしいときに動かない、遅延する、ということが頻繁な路線にたいする、まあ当てこすり、と思いきやさにあらず、電車が止まってくれたら会社に行かなくてもいい理由付けになる・・・という手前勝手な思いの丈でしょうが、その気持はよーく解りますね。

退勤後。
電車遅延に巻きこまれないよう少し早めに退勤して、子どもたちを保育園に迎えに行きました。
その途中でふと見かけたのが、折れたビニール傘。
f:id:zocalo:20160822224839j:plain

雨の後には、だいたい見かける光景です。写真はちと大袈裟かもですが、イメージです。
いったいこの後始末は誰がつけるのかといつも思います。
日本洋傘振興協議会の推定によると、日本の洋傘の年間消費量は約1億3000万本。そのうち約8000万本がコンビニなどで売られているビニール傘とか。しかも、年間約5000万本のビニール傘が、出荷から1年以内に廃棄されているというのです。
約半分が捨てられている!

コンビニ大手のセブンイレブン都内1700店では、多い日には合計3万本のビニール傘が売れる。ローソンの販売数は年間400万本で、10年前の1.3倍というのです。ゲリラ豪雨の発生頻度が増えたことに起因するという見方もあるようです。
降ってきた

ちょっとそのへんのコンビニで「安い手軽な」ビニール傘を買う。
ぼくもしばしばあります。

しかし、ビニール傘というのはいささか厄介で、先端部分が接着剤で固定されているため廃棄時に分解することが困難、しかも骨組みが金属製のため焼却処分にすることもできないと。
でどうなるかというと、結局ほとんどの廃棄ビニール傘は埋め立て処分にされているというのですね。

こういう現状にたいして、いろいろな知恵が出されています。
ビニール傘をおしゃれにして捨てやすいイメージを払拭しようとしたり(予防)、壊れたら分解しやすくして再資源化しようとしたり(再利用のしやすさ)。不要な傘を引き取って、貸出用に転化してみたり。

なんか、手軽にうまくリサイクルできる方法はないもんかしら、と思って、信号機の前にたたずみますが、そこまで。情けないけど、知恵がでないなあ。
ひとまずは自分が手にしているビニール傘を、無事に家まで持ち帰ることにしましょう。

明日はまた雨らしいです。出番待ちだね。