読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

積ん読王の 自由画帖

〈読み、考え、旅をし、見て、話して、書く〉同時代ノート。

【サンヤツデイリー #4】手元に一冊~『使えるレファ本』

30 自在眼鏡の本棚 34 エッセイ・コラム・散文

f:id:zocalo:20160506225714j:plain

日垣隆『使えるレファ本150選』(ちくま新書)。

もう手に入りにくい本になってしまいました。こういう本こそ、定期的に更新版があるとうれしいですね。

レファ本」というのは、ものを書いたり調べたりする時に役立つ辞書、事典、年鑑、白書、教科書といった参考図書のことです。
プロの編集者の手を経たこれらの参考図書は、単に事実の確認をとるだけの役割でなく、物事の新しい一面をひらいてくれる作用もあります。

メールやブログなど、今やだれもが「書く」時代。
ですが、せっかく書いても、裏付けがとれていなかったり、事実に反していたり、何の新味もなかったりしたら、説得力を失うだけでは済まない場合があります。くわばらくわばら。

そういうときにこそ、プロの使用にも耐えうるレファレンス本(=レファ本)を活用したいところです。
『日本俗語大辞典』『20世紀にっぽん殺人事典』『全記録テレビ視聴率50年戦争』『似たもの法律用語のちがい』・・・。
収録されているレファ本は当時のモノですので、現在は品切れになっていたり名称等が変更になっているものもあるかもしれません。ご確認ください。

ということで、新年度のはじめ、何冊か手元にあるといいかもですね。
ぼくは、この本から30冊は手元に揃えました。