読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

積ん読王の 自由画帖

〈読み、考え、旅をし、見て、話して、書く〉同時代ノート。

【サンヤツデイリー #14】地道に着実に ~羽生善治『才能とは続けられること』

30 自在眼鏡の本棚 35 ノンフィクション・記録 31 たまビジ(「たまにはビジネス書も読むわよ」)

f:id:zocalo:20160402100103j:plain

羽生善治『才能とは続けられること』(PHP研究所)。

NHKのBS放送で、10年ほどまえに放映されたインタビュー番組がある。

  • 「100年インタビュー」

www.nhk.or.jp

HPを観ていただければ解りますが、錚錚たるお歴歴。
100年という時間軸は大仰かもしれないが、100年というスパンは同時代だという人もいて、その伝でいえば番組は「同時代史」といってもいいし、「先達の名言集」といってもいい。

羽生さんのこの本は、この番組から生まれて、シリーズ本化されている。その人の為人(ひととなり)がコンパクトにまとめられていて、インタビューイーの入門書である。

羽生さんは、小学校1年生のときに、友達との遊びのひとつとして将棋に出会います。
初めは弱くて負けてばかりだったが、しかし、いくらやってもコツがつかめないところが面白いと夢中になった。いまだにコツが掴めないという。

コツが掴めないところに面白さの原点があるというのが、面白いですよね。

小学校6年生でプロ棋士の養成機関「奨励会」に入会し、中学生のとき4段となりプロデビューを果たした。はじめてタイトルを獲得したのは、19歳(1989年)のとき。「竜王」だった。
しかし翌年の防衛戦では、谷川浩司さんに破れてしまう。1勝3敗。

羽生さんはその一戦がのちの自分の将棋観を変えたといいます。
この大負けが、いまの自分を作ったと。1996年には、前人未到の7大タイトル全てを独占しました。

だが将棋は厳しい勝負の世界。いくら七冠といっても、浮き沈みもある。

将棋はマラソンのようなもの。常にを走り続けなくてもいい。ときには後に下がってもいい。
大事なことは、その先頭集団の中に、いつも自分が入っていることです。

では、続けられる才能とは何だろうか。

パッとひらめくこと、たくさんの手が読めることはひとつの才能ですが、地道に、着実に、一歩一歩前へ進み続けられることは、なによりの才能ではないかと思います。

才能とは続けられること (100年インタビュー)

才能とは続けられること (100年インタビュー)