読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

積ん読王の 自由画帖

〈読み、考え、旅をし、見て、話して、書く〉同時代ノート。

【42歳からの子育て #2】 延長戦に入りました 1

f:id:zocalo:20140612104845j:plain

「延長戦に入りました」

M氏(連れ合いのこと)の妊娠が解ったのは、2010年4月のことだ。彼女はそのとき42歳、僕も42歳。同い年です。
そのときのことを僕は、こんなふうにブログに書き残している。

「延長戦に入りました」(April 10, 2010 10:16:15)

土曜日の日課である太極拳教室から戻って、そのまま仕事に行こうとしたとき、病院にでかけている連れ合いのM氏から、メールが届いた。

なんとなんと着床しておりました! 正直信じられない~!
次は5日後に診察です。まだまだうまくいくかはわからんけど、とりあえず今夜はお祝いだね!
そして断酒はまだまだ続くのでありました。

なんと、妊娠したというではないか。
驚いた。約1年半ぶりのことだ。
つい昨日までは、妊娠の自覚的兆候もなく、本人は「死刑宣告を受けに(病院へ)行くようなものよ」とまったく浮かない顔をしていたのに。そして夫であるおれも、本人が自覚がないというのならそうなんだろうと、つまりは今回もまただめなんだろうとてっきり思っていたのだ。

それがこのメールだ。
9回裏ツーアウトからの一発逆転である。
ここからは延長戦にはいるのである。

もちろん、予断をゆるさないことは知っている。1年半前だって、胎嚢(たいのう)が見えるあたりまでは行けたのだが、そのちょっと先で、ミリ単位のいのちは尽きてしまった。
静かに。
そして、われわれの一縷の望みとともに。

流産と聞いて、ベランダでひとり泣いた。
同じことが、また起こるかもしれない。
でも、そんときはまたそんときである。そう強気になっても、そのときが訪れたならおれはきっと泣き崩れるだろう。
この1年半のあいだ、うまく受精はできても、着床にはいたらなかった。それが今回は着床までは達成できたのだ。
いまから泣くことはない、少なくとも。

うれしいことはうれしかったけれど、M氏はその1年半まえに流産していた。1年半まえとはいえ、そのときの辛さはまだ充分に実感として残っていたから、素直には喜べなかった。
ブログの文面を眺めると、うれしいけれどぬか喜びになるかもしれないことを恐れて、自分の感情を抑制しようとしていることが見てとれる。

ほんとはうれしかったんですよ。
けれど、まただめだったときの落胆が怖くて、息を殺すようにしていた。まだ喜ぶ時じゃないんだと。

なにはともあれ、まずはお祝いしようじゃないかということになって、その夜は銀座でM氏と待ち合わせをした。そして、以前会社の人に教えてもらったポルトガル料理の店へでかけた。
その時期僕らは験をかついで断酒をしていたので、乾杯はノンアルコールビールだったけれど。(つづく)