読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

積ん読王の 自由画帖

〈読み、考え、旅をし、見て、話して、書く〉同時代ノート。

【42歳からの子育て #1】 はじめに。

f:id:zocalo:20120516175932j:plain

1年間の育休を2回

僕は2013年秋に生まれた息子(長男)を世話するために、家人と同時に育児休業を取りました。
期間は1年間、2014年10月まででした。
育休自体は娘(長女)のときにも取っているので、合計2回取ったことになります。

僕もかみさんも現時点(2015年)で47歳です。
はじめての子どもを42歳、次を45歳のときに授かりました。
いわゆる「高齢のパパママ」です。
彼らが成人するころはほぼ70歳です! さらに、僕は最初の子どもが生まれるときに、仕事でうつ状態でした。

1年の育休って、長いと思われますか?
ケンカ売ってるわけではないので先に謝りますが(笑)、長いようでいて、終わってみれば長くは感じませんでした。秋風が吹いて、たちまち冬になり、春の雪解けを経て、梅雨を過ぎたら立秋まで日にちはそんなにありません。
子どもの世話をしているとほんとうに一日が短く感じられます。育休が終わったいまでも、土日の休みは、文字通りあっという間に過ぎていってしまいます。

「高齢パパの子育ての話を聞きたい」

子どもができてから何人かの方から、「高齢パパの子育ての話を聞きたい」と聞かれるようになりました。以前通っていたセルフブランディングの講座でも、高齢妊娠/高齢出産の話、高齢での子育ての話、育児休業をどう取得するか、取得しての子育ての話を聞きたいというフィードバックをもらいました。

積ん読王さんの子育てのお話が聴きたい」(これは女性からの希望)
「よく一年も育休とれましたねえ」(これは男性から。質問と言うより驚き)
「奥様、よく頑張りましたよね」(これは女性からの感嘆)

なんてなところです。

ついでにいえば、サラリーマンの僕が会社を辞めることを考えているのも、じつは子どもたちの存在が大きいのです。
小さなITサービス会社で、60歳からの仕事って、なにがありますか?

イクメンなんてかっこいいもんじゃない

よく「イクメンですね、すごいじゃないですか」と言われたりしましたが、他の方はいざ知らず僕自身はそんなカッコイイもんじゃないと思っています。
子育てなんて、もっと地味だし泥臭いし疲れるし格好いいシーンなんてないです。
というようなことを言うのですが、相手の反応を見ると、なんとなくうまく伝わっていない気がする場面が多いです。こちらが謙遜していると捉えられることが多い気がします。

つい先日、とある会合でお目にかかった方から、「じつは積ん読王さんの経歴を見て、いちばん聴きたくてウズウズしていたのは子育ての話なんです」と言われ、思わず「いくらでもしゃべれますよ!」と即応していました(やべ、その人と今度の日曜日に会うんだった)。

というようなこともあり、育休も終わって一年が経ち、これから3人目はおそらくないということもあり、このあたりで僕の子育てのことをまとめていってもいいかなと考えました。

もう一度「子育て体験記」に挑戦

以下の文章は、2年くらい前に「子育てについて思うこと」をブログで書くともなしに書いていたものです。
けっきょく、そこではうまくかたちにはならなかったのですが、過去の文章をたよりにして、今回また書いていけたらと思います。

また子どもたちは日に日に大きくなっていっているので、彼らとの「付き合い方」みたいなものも備忘録的に書いていこうと考えています。
そして前述しましたが、この子たちを食べさせていくために、どうナリワイを起こすのか、というのも、この投稿のテーマになります。
いろいろと話がない交ぜになるかもしれません。ご容赦ください。

◇2012.2.29
雪の日でしたが、今朝も昨日と同じようにわが娘を保育園に送っていきました。
ビニールの覆いに包まれたベビーカーのなかから、娘は降りしきる雪片をじっと見詰めています。いつもなら、あたりの景色を見渡しながら、「ぱーぱ、まーま」云々と途切れることなくしゃべっているのですが、今日に限っては静かです。
彼女にとって異世界体験なのでしょう。

「雪だよ。今日はお外で遊べないね」と僕は語りかけました。

f:id:zocalo:20120229091935j:plain

今年になって何度目かの雪は、しかし1歳数ヶ月の彼女にとっては生まれてはじめて認識する雪かもしれません。まだ親子の会話は成立していませんが、そろって同じ景色を見られることの貴重さなんて、1年前には考えもできませんでした。

それは子どもが乳児だったからというより、僕が鬱状態だったから、そんな余裕もなかったのでした。
僕が鬱で苦しんでいた時、僕の子育てがはじまりました。ゆっくりと休むべきときに、とんでもない負荷が降りてきたのです。

さて、ここからはじめたいと思います。(つづく)