読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

積ん読王の 自由画帖

〈読み、考え、旅をし、見て、話して、書く〉同時代ノート。

【小さな旅】ひょっとして、はじめての世界遺産かも(しぞーか日記)

80 小さな旅 81 しぞーか日記

シルバーウィーク3日目は、世界遺産になった「三保の松原」にでかけてきました。
世界文化遺産構成資産 三保松原

正確には「世界文化遺産 構成資産」の登録になります。その意味するところは「顕著な普遍的価値を有する区域」。富士山信仰を構成する一要素ということなんですね。
世界文化遺産『富士山』構成資産 | 三保松原を知る | 世界文化遺産構成資産 三保松原

ここに来るのは何年いや何十年ぶりですが(お袋にいたっては、50年ぶりとのこと!)、周辺はずいぶん綺麗に整えられていました。昔は松そのものしかなかったような気がします(苦笑)。

ちゃんと写っていませんが、ひとまず「羽衣の松」。みなさん、ここで写真をパチリ。
f:id:zocalo:20150923113219j:plain

ここを通り過ぎると、浜辺へといたります。目の前に駿河湾が広がります。波は比較的穏やかで、まだ暖かいです。
f:id:zocalo:20150923180325j:plain
f:id:zocalo:20150923180350j:plain

家人と娘は、ここで貝殻拾い。息子は、ひたすら海に向かって小石を投げていました。
陽射しがまだまだ強いですね。海水は気持ちいいですが、日焼けしました。

自然史博物館へ

お腹も空いたので、みんなでピクニックができる場所を探して、三保の先端へとクルマを走らせました。
ここには、東海大学海洋学部博物館があり、そのひとつが自然史博物館となっています。
自然史博物館ホームページ

手っ取り早く言えば、恐竜博物館みたいなもので、3階ある建物のうちの上2階が展示場になってます。
展示案内

恐竜、マンモス、アンモナイト・・・。娘のこころをしっかりと鷲づかみしてくれました!
f:id:zocalo:20150923181147j:plain
f:id:zocalo:20150923181251j:plain
f:id:zocalo:20150923181305j:plain

娘が大はしゃぎしているそのころ、息子はというと博物館の中庭の木陰でバアバとシエスタ。海辺に近いのに風は穏やかで、木の葉が覆い繁りほどよい木陰ができていて、とても気持ちの良い空間でした。
f:id:zocalo:20150923181448j:plain

娘はついに博物館の学芸員と化して、古代のサメの化石を掘りはじめました。歯は2本でてきて、大切なお守りにしています。
f:id:zocalo:20150923203215j:plain

そのお守りを見るたびに、自然に親しんだ1日を思い出してくれるといいですけれど。
f:id:zocalo:20150923181948j:plain