読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

積ん読王の 自由画帖

〈読み、考え、旅をし、見て、話して、書く〉同時代ノート。

【読む #182】村上春樹『職業としての小説家』から感じたこと

f:id:zocalo:20150911055819j:plain

村上春樹『職業としての小説家』(スイッチパブリッシング)。

ここさいきん、この人の本は発売される前から話題になる。
話題になるというか、話題づくりされる。

今回は、これですね。matome.naver.jp

売るべき、売れるべきという点で言えば、注目されることはまったく否定しないが、作家性の強いというか作家性そのもののこの本が、ひとつの「商品」として小売りの売り方戦略(こういう言い方は精確ではないかもしれない)に使われるということにたいして、個人的にはいささかの当惑を覚えているのは確か。

誰が売る・売らないの議論とは別に、この本が多くの人に届きますように、と優等生的にまずは言ってみる。(つづく)

職業としての小説家 (Switch library)

職業としての小説家 (Switch library)