読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

積ん読王の 自由画帖

〈読み、考え、旅をし、見て、話して、書く〉同時代ノート。

日誌 #2

23 風満楼日誌

f:id:zocalo:20150823213939j:plain

あまりに胃が痛い痛いと言っていると、修善寺漱石になった気分になる・・わけはない。

午前中は、地元コミュニティ活動で「カメラの原理を知る」ワークショップの司会進行。
時間はやや押し気味で、曇り空も心配されたが、なんとか合間を縫って、牛乳パックと虫眼鏡のレンズを使ってつくった、手作りレンズを通して屹立するマンションの風景を印画紙に焼きつけることができた。

胃袋はまったく調子があがらないなかで(あまり食べていないのでふらふら)、参加者のみなさん、スタッフのサポートもあり、なんとか盛会のうちに終わった(と思いたい)。
ほんと、有り難うございました。
楽しんでいただけたでしょうか。

午後は一天にわかにかき曇りってやつで、午前中には運があった。
ワークショップがつつがなく進行できて、ほっとして自宅でぐったり。

夕方、来客。
しばらくまえから家計の相談をしているけれど、いろんなことにメスを入れてもらい、勉強になってます。
いや、勉強で終わらせたらいけないんですけどね。