読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

積ん読王の 自由画帖

〈読み、考え、旅をし、見て、話して、書く〉同時代ノート。

【明日への本棚 #144】住谷栄之資『キッザニア流! 体験のすすめ』を、ラウンジで眺めながらw

30 自在眼鏡の本棚 31 たまビジ(「たまにはビジネス書も読むわよ」)

f:id:zocalo:20150628064936j:plain

住谷栄之資『キッザニア流! 体験のすすめ』(ポプラ社)。

キッザニア東京には、娘を連れて半年に一度はでかけてきます。先日、アクティビティブースをもっている企業さんから招待券をいただいたので、家族ででかけてきました。
キッザニアって、なに? という方はこちらから。www.kidzania.jp

念願の、というとおかしいですが、倍率の高い森永製菓さんのハイチュウ工場がようやく体験できましたですわ。www.kidzania.jp

ところで、キッザニアには、保護者というか大人だけが休憩に使えるラウンジがあります(保護者ララウンジというのかな)。
ラウンジというと大袈裟ですが、パソコンも使えて、喫茶機能もあり、雑誌やら新聞やらも読めるスペース。子どもは入っていけません。子ども同伴もNGです。なので、逆に言えば子どもの声に煩わされることなく、ゆったりできます。

そんなスペースの一角に本棚が常設してあり、この本がありました。
キッザニアの日本創設者の方が書かれた一冊。残念ながら、ここでは売っていませんでしたので、書影のみになります。

前回遊んでいた時に、オーストラリアから日本に観光にきていたご夫婦と話す機会がありましたが、キッザニアがえらくお気に入りのご様子でした。
「きれいだし、ホスピタリティがあるし、安全だし」と奥様は感心しきりでした。
彼らのお子様と、うちの娘は時計台の上でのパフォーマンスをご一緒させてもらいました。

「明日は上野の予定なんだけど、もう1回こようかしら」なんて笑っていましたが、子どもだけでなく、大人も楽しんでもらえているんだあと嬉しくなりました。珍しく素直な積ん読王の感想であります。

きっとこの本には、その秘密のエッセンスが込められているのでしょう。

キッザニア流!  体験のすすめ (一般書)

キッザニア流! 体験のすすめ (一般書)

キッザニア裏技ガイド 東京&甲子園 2014~15年版

キッザニア裏技ガイド 東京&甲子園 2014~15年版