読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

積ん読王の 自由画帖

〈読み、考え、旅をし、見て、話して、書く〉同時代ノート。

【折々の本棚 #132】石川直樹『完全版 この地球を受け継ぐ者へ』を月曜日の朝に手にしたワケは

f:id:zocalo:20150615060257j:plain

石川直樹『完全版 この地球を受け継ぐ者へ』(ちくま文庫)。

旅といったらいいか、あるいは冒険といったらいいか、ともかくもその人にとって掛け替えのない「行程」がある。
著者にとっては、まさに「Pole to Pole」(北極から南極へ)の旅がそれにあたるのだろう。
http://www.waseda.jp/student/weekly/contents/2001a/tg02.html

極北から極北への旅は、スキーや自転車などの人力手段でおもに成し遂げられらけなければならなかった。その制約なかで、石川が見たこと感じたこと思ったこと議論していったこと、さらにその先の思索していったことが、日記形式で書かれている。
ぼくは単行本時のタイトルは知っていたが、そのナイーブさゆえに手にとらなかった。

今回、ぼくが手にしたのはなぜだろう。
単なる日記好きだから?
あるいは、「掛け替えのない旅」にあこがれたから?

さて、またいつもの1週間がはじまります。
でも、この本を読んだ後は、少しだけ違う風景が立ち現れるかもしんないね。
なんて、期待してみるブルーマンデーの朝。

◆リテラチャーサークル・イベントのお知らせ

積ん読王のリテラチャーサークル(読書会)「ブックブレイク」の2回目を開催します。
詳しい内容とお申し込みは、こちらからお願いします。fantasieimage.jp
みなさまとお目にかかれることを、楽しみにしています。