読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

積ん読王の 自由画帖

〈読み、考え、旅をし、見て、話して、書く〉同時代ノート。

【折々の本棚 #104】カズオ・イシグロ『忘れられた巨人』は、たくらみたっぷりのファンタジー!

※ネタバレあります

f:id:zocalo:20150512223747j:plain

カズオ・イシグロ『忘れられた巨人(The Buried Giant)』(早川書房)。

そうか、『わたしを離さないで』からもう10年も経つのか。
そういうささやかな感慨を持ってページを開くと、そこには6世紀のブリテン島(グレード・ブリテン島)の風景が広がっている。
前作もそうだったが、イシグロの世界では、読み手はあらかじめ地図を持たされない。
だから、今回もその風景が信用できず、どこかでひっくり返るに違いないと思いつつ、読み手は先を急ぐ。
諸兄、急がぬがよろしい。
急く心では、アーサー王が支配し魔術師マーリンが跋扈した世界の生き物たちの息づかいは、なかなかに感じられないだろうから。

その世界では、アクセルとベアトリスと呼ばれた老夫婦が、息子を探す旅にでかけている。息子が暮らしているだろう村へと、ふたりは向かう。息子のもとなら、いまよりもいい暮らしができるだろうと。

彼らが住まう世界は、霧でつつまれて、わずかまえのあったはずの人々の記憶を封じ込めてしまっている。
息子はなぜ自分たちの傍から離れてしまったのか、この霧さえ晴れれば記憶は戻ろうものを。
その霧は、クエリグという竜が吐いている息だという。
黙黙と息子の村を目指す老夫婦に、さまざまな出会いが待っている。竜退治に向かう戦士、呪いの傷を受けた少年、アーサー王の老騎士・・・。

さて、地図を持たぬ読み手は、いささか困惑の表情を見せつつこの物語に付き合っていくことになる。
いってしまおう、全編これ、ファンタジーなのである。
そして、「記憶」と「夫婦愛」の物語でもある。
だが、待ってくれ、もっと言わなければならないことがある。ほんとうはそれだけじゃないのだ。

なのに、霧が邪魔をする・・・。

忘れられた巨人

忘れられた巨人

GRANTA JAPAN with 早稲田文学 02

GRANTA JAPAN with 早稲田文学 02