読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

積ん読王の 自由画帖

〈読み、考え、旅をし、見て、話して、書く〉同時代ノート。

【きま本 #44】山井太『スノーピーク 「好きなことだけ!」を仕事にする経営』でわかる、「好き」だけじゃ仕事にならない。

f:id:zocalo:20150407180650j:plain

山井太『スノーピーク 「好きなことだけ!」を仕事にする経営』(日経BP社)。

たまにはビジネス書も読むわよ、通称「たまビジ」シリーズですが、今回は上場記念で(笑)、アウトドア製品を扱っているスノーピークの社長の本。

ぼくは経営者の話というのにほとんど興味がないのですが、たまたま本屋で手にしたこの本、たしか本社のまえがキャンプ場だったと聞いたことが・・・とアタマをよぎって、手を伸ばしてみました。

「好きなことだけを仕事にする」というサブタイトルにも引かれましたが、ぼくにはなにより、冒頭で書かれている、ミッションステートメントは「経営のコンパス」になるという部分に目を引かれました。

企業にとっても経営者にとっても「経営のコンパス」は必要だが、コンパスとはなにか、それはいつも「真北の方角」を示す役割がある。何が起きてもコンパスの針の先はいつも真っ直ぐにキタを向いている。
「真北の方角」それを経営に置き換えると、「会社や仕事の目指す方向」となる。ぼくらはそれを常に意識して経営したいと・・・。

「好きなことだけ」といいつつも、思いつきや行き当たりばったりではない、ってそりゃ当然でしょというツッコミもありましょうが、個人にしても意外にできていないことなんじゃないかと感じたりしています。

このくたりを読みながら、ふと映画『風の谷のナウシカ』のナウシカの台詞、
「ミト、シリウスに向かって飛べ!」
を思い出しました。

 

スノーピーク「好きなことだけ! 」を仕事にする経営

スノーピーク「好きなことだけ! 」を仕事にする経営