読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

積ん読王の 自由画帖

〈読み、考え、旅をし、見て、話して、書く〉同時代ノート。

【らじおトーク】第87回「バルバラ『赤い橋の殺人』を語る」の巻

60 本棚らじお。(音声ブログ) 36 古典

毎週金曜日の配信をちょい前倒しして、恒例 ホンの駄話「本棚らじお。」です。

今回は、バルバラ『赤い橋の殺人』(光文社古典新訳文庫)を読みました。

赤い橋の殺人 (光文社古典新訳文庫)

赤い橋の殺人 (光文社古典新訳文庫)

150年ほど前にフランスで書かれた作品ですが、埋もれていたこのフランス小説を発掘したのはなんと日本人! 
しかも今回はその発掘者が満を持して訳出したものです。

http://www.voiceblog.jp/hondanaradio/2053131.html

【キーワード】

  • 坪内祐三が紹介してました。
  • 発掘までのプロセスが面白い
  • ミステリの原型ですね
  • ドストエフスキーにも影響を与えた?!
  • 200Pのなかに近代小説のいろんな原型が詰まってる。(収録時間:約30分)

「本棚らじお。」はiTunesでも聴けます! よろしければご購読ください。

本棚らじお。

本棚らじお。

  • 本棚らじお。
  • 社会/文化
  • ¥0