読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

積ん読王の 自由画帖

〈読み、考え、旅をし、見て、話して、書く〉同時代ノート。

【せんにゅう記】谷中銀座の中東料理屋で、店主にカラまれるのはお約束(笑)

せんにゅう記

f:id:zocalo:20140708222120j:plain

台風が来る前に早く早くと、蒼井優に急かされて(またか!)、今日もひみつ堂にでかけてきた。(小さい文字で言いますが、ほんとは茅ヶ崎の「埜庵 (のあん)」に行きたかったのですが、月曜火曜は定休日だそうで)

前回よりも1時間ほど早めに到着、そのせいか行列は短くて10分足らずで入店できた。

f:id:zocalo:20140708221100j:plain

店にはいり、入り口近くのテーブルに腰掛けると、蒼井優がお出迎え(しつこい!)。

f:id:zocalo:20140708221124j:plain

今回は、オーソドックスなメニューを選択してみた。
今日のメニュー(Twitterから)

ひみつ堂、7月8日(火)9時半~20時、かき氷…のなかの梅、生メロン、天の川、はちれもみるく、夏の赤しそ、ブルーベリー(みるく・よーぐると)、金 時さん、抹茶TOKIWASURE、ロイキャラ、河内晩柑、パインきゃらめる、ひみつのいちごみるく東成瀬村露地いちご。

というメニューのなかから、ぼくは「金時さん」、家人は「ひみつのいちごみるく」を選んだ。

「金時さん」

f:id:zocalo:20140708221328j:plain

「ひみつのいちごみるく

f:id:zocalo:20140708221533j:plain
f:id:zocalo:20140708221551j:plain

台風直前の熱風のなか、本日もひみつ堂さんを堪能いたしました。

さてと昼も近いこともあり、軽く昼メシでもと思って、谷中銀座のほうへと向かいながら、そういえばこの間休みで入れなかった、イラン・トルコ・ウズベキスタン料理(ざっくりいうと中東料理?)「ザクロレストラン」に立ち寄ってみた。
http://zakuro.oops.jp/
http://tabelog.com/tokyo/A1311/A131105/13019055/

冒頭写真は、この店先のネコさん。
ちょっとコケティッシュな感じだけれど、後ろにある店の看板は、縦横無関係の自己主張のかたまりだ。


店内に入ると、ペルシャ絨毯が一面に敷かれていて、日本でいうところのお座敷です。子連れには有難い。ハイハイもできない息子を転がしておけるので。

f:id:zocalo:20140708222209j:plain

天井からつる下がっている、たくさんのランプがオリエンタルな感じを出してくれている。てか、吊しすぎじゃね(笑)?

f:id:zocalo:20140708222346j:plain

ランチには少し早いのか客はわれわれ以外にはいなかった。
と、店の奥から、
「今日は暑いから、お客さんたちだけ。貸し切りだよねー。あとで、貸し切り料金もらうから!」
との声が。

はい(笑)?

その後もこの声の主とカラむことになるが、その前にランチコースを注文。「幸せのランチコース」で1000円(1人)である。イラン・トルコ・ウズベキスタン料理がつぎつぎと皿に載ってくる。

f:id:zocalo:20140708222428j:plain

写真はこれで料理は打ち止めかと思ったところで撮ったのだが、じつはこのあともデザート入れて4品でてきた。
それに例の声のヌシからの差し入れも加わって、満腹。

声のヌシは、この店主のアリさんという方。ネットでざっくりと検索すると、カラみ芸でそこそこ有名らしい。ぼくはそれ知らなかった。

  • 「あなた、何のために生きてるの?」「お前は死ねー!!」「結婚しよ。荒川区役所行こ」…60人超えの客を相手に、店長がカラミつづけるトルコ料理屋「ZAKURO」【日暮里】

http://www.another-tokyo.com/archives/50491482.html

デーツ(なつめやし)のデザートを持ってきながら、家人に、
「これで、もひとり子どもいけるね。子どもに責任持つから、どう、いまから逃げない?」
と口説いていたし、
トイレを貸してとお願いしたら、
「日暮里駅のトイレはねえ、入り口を出たら左に曲がって・・・」
と笑いながら店の入り口を指さし、
絨毯に転がってる息子には、
「おい、坊主、30分皿洗いのバイトしてかない?」
出来ねえよ!

一部にはウザいよという声もあるみたいだけれど、そんなに気にならなかったけども。息子にもわざわざ飼っている鳥(インコじゃないと思うけど)を見せてくれたりした。サービス精神旺盛なんでしょう。

f:id:zocalo:20140708222710j:plain

ひみつ堂のかき氷が、すっかり遠くにかすんでしまった、谷中のひととき(笑)。

f:id:zocalo:20140708223000j:plain

帰り道に、日暮里駅近くのパン屋さんで、「シベリア」を買いました。
風立ちぬ」ででてきた、あのお菓子です。

f:id:zocalo:20140708223014j:plain
f:id:zocalo:20140708223137j:plain

そのお店は「サンゴタール」という老舗なんですね。
http://tabelog.com/tokyo/A1311/A131105/13090547/dtlphotolst/4/
シベリアは冷蔵庫のなかで冷やされていたのを頂いた。冷やしたほうがより美味しいとのこと。キンキンのシベリアを抱えて、熱風のなか日暮里駅へと向かう。

f:id:zocalo:20140708223233j:plain