読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

積ん読王の 自由画帖

〈読み、考え、旅をし、見て、話して、書く〉同時代ノート。

【書架ノート #172】『ハムレット』にみる、父親から息子への「手向けの言葉」

30 自在眼鏡の本棚 33 小説・創作 36 古典

f:id:zocalo:20140703224929j:plain

引いたのは、シェイクスピアハムレット』の一節。
宰相ポローニアスから、旅立たんとする息子レアティーズへのはなむけの言葉だ。ポローニアスは、ハムレットの恋人・オフィーリアの父であり、レアティーズはオフィーリアの兄である。

さあ、父からの祝福だ。
ついでに二、三、言っておきたいことがある。しっかり胸に刻みつけておけ。
思ったことを口に出すな。
とっぴな考えは行動に移すな。
人とは親しめ、だが安売りはするな。
これぞと見極めた友人は決して放さず、
鋼のたがで心に縛りつけておけ。
だが生まれたてのヒヨコみたいな連中にいい顔を見せ
手がしびれるほど握手しまくるのは禁物だ。
喧嘩には巻きこまれぬよう用心しろ。
だがいったん巻きこまれたら、相手が用心するまでとことんやれ。
みんなの話には耳を貸し、自分からはめったに口をきくな。
つまり、人の意見は聞いても自分の判断はひかえるのだ。
財布の許すかぎり着るものには金をかけろ。
だが奇抜なのはやめておけ、上等なのはいいが派手なのはまずい。
服装は人柄をあらわすものだからな。
この点については、フランスの王侯貴族は
趣味の良さと着こなしでは一番だ。
金は借りても貸してもいかん。
貸せば金も友人まで失い、
借りれば倹約精神がにぶる。
なにより肝心なのは、己に誠実であること。
そうすれば、夜が昼につづくように
誰にたいしても誠実にならざるをえまい。
さあ、行け、いまの教えをしっかりと身につけるんだぞ。
(松岡和子訳『ハムレットちくま文庫版より)

シェイクスピア全集 (1) ハムレット (ちくま文庫)

シェイクスピア全集 (1) ハムレット (ちくま文庫)

たしか、立花隆が『二十歳のころ』(新潮文庫)で引用していたはずだ。ケンカについての一節が、妙に印象に残っている。