読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

積ん読王の 自由画帖

〈読み、考え、旅をし、見て、話して、書く〉同時代ノート。

◆ 茨木のり子の平和(今日の天声人語 #7)

99 雑纂

天声人語クンは、茨木のり子が好きだなあ。

世田谷文学館 「茨木のり子展」>
http://www.setabun.or.jp/exhibition/exhibition.html

現代の女性詩人のなかで最も人気のある一人、茨木のり子(1926-2006)。
朝日新聞天声人語」に紹介されたことから詩の愛好者を超えて大きな反響を呼んだ「倚りかからず(よりかからず)」、中学校国語教科書にも掲載されている「わたしが一番きれいだったとき」をはじめ、「自分の感受性くらい」「六月」「汲む」などの詩で知られています。
「品格で書かれた」、「人格で書かれている」とも評される詩の、自らを律し鼓舞する言葉は、読む人の心にも深く響きます。(世田谷区HPより。改行は引用者による)

天声人語の写文、1週間つづきました。次は10日を目指します。

f:id:zocalo:20140622070736j:plainf:id:zocalo:20140622070748j:plainf:id:zocalo:20140622070804j:plainf:id:zocalo:20140622070814j:plain