読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

積ん読王の 自由画帖

〈読み、考え、旅をし、見て、話して、書く〉同時代ノート。

気がつけば・・・

気がつけば、ブログを更新しなくなって1ヶ月経っていました。せいぜい2週間くらいかしらと思っていましたが。 別のところでは毎日せっせと本を一冊だけ、簡単に紹介しているというのに、本家は開店休業状態でした。 https://www.facebook.com/ksgnightcampus…

誰にも求められていない、ということは、誰からも自由だということだ。今日は一日深呼吸。 思い出したら、深呼吸。この本を読んで、明日からもう一度。「おみやげ三つ、タコ三つ」。映画「おおかみこどもの雨と雪」のなかの、おまじないだ。 子どもたちが、…

いつも、自分のまわりとズレている。 自分のまわりがぼくに求めていることと、ぼくがやりたいこととは、いつもズレている。ズレていたって、ほんとはいいんだ。 ぼくの気持とちゃんと握手していれば大丈夫。けど、困ったことに、 ズレているけど、まわりに合…

無題

かさこ塾でご一緒した仲間。 ぼくなんか想像できない困難に立ち向かおうとしている。 子宮頚がん患者の看護師奮闘記? http://koimoko.exblog.jp/22668822/励ましの言葉をあわてて探そうとするけれど、どれもこれも手垢のついたものしか思いつかず、口にする…

自分の”文脈”が通じない環境に身を置くことの、大切さと貴重さ

四万六千日お暑うございます。昨夜ぼんやりと、東浩紀の新刊『弱いつながり』(幻冬舎)を読んでいたら(そのまえに読んでいた佐々木俊尚の新刊とは真逆のことを書いているので、この本とても面白く読みました)、少し長いこんなくだりがあって。弱いつなが…

今年はじめてのセミの鳴き声をどこで聞きましたか?

今夜は、東京藝術学舎での「続・いつか自分だけの本屋を持つのもいい」講義の第2夜に出席。その教室までの道すがら、北青山の歩道で、今年はじめて蝉の鳴き声を聞いた。日曜日に相模湖付近に出かけたのだが、そのときに蝉は鳴いていなかったのか。どうも覚…

<他者目線>に応えるなら、その表現に逃げてはいけない

かさこ塾同期生で、広島在住のミュージックセラピスト、ポール西さんのブログ「ミュージックセラピスト『ポール 西』の音楽酒記♩(No Music, No Life)」のなかの記事、 「意識」 http://karatepiano.blog.fc2.com/blog-entry-51.html を一読したときに、 ぼ…

◆ 沖縄慰霊の日に(今日の天声人語 #8)

ポーランドのノーベル賞詩人シンボルスカについては、池澤夏樹の『春を恨んだりしない』という本で知った。その本のタイトルにもなっている。 勇気が要っただろうタイトル付けに惹かれて、本を手にとった。 ************************ 池澤夏樹『春を恨んだり…

◆ 茨木のり子の平和(今日の天声人語 #7)

天声人語クンは、茨木のり子が好きだなあ。<世田谷文学館 「茨木のり子展」> http://www.setabun.or.jp/exhibition/exhibition.html 現代の女性詩人のなかで最も人気のある一人、茨木のり子(1926-2006)。 朝日新聞「天声人語」に紹介されたことから詩の…

◆ 「第3のビール」の受難(今日の天声人語 #6)

<極ZERO、第3のビールでない?不足税納付へ> http://www.yomiuri.co.jp/economy/20140620-OYT1T50069.html 低価格の第3のビールとして販売した「極(ごく)ZERO(ゼロ)」が本来はもっと高い税率区分だった可能性があるとした問題で、サッポロビ…

◆ 軽じられる憲法 (今日の天声人語 #5)

強く怒っております、今日の天声人語クン。 その語気に当てられてか、今日の写文は誤字が多くなってしまいました。しかし、国会という場においてすら、how to be の議論ではなく、how to do(解釈)にしか議論展開できないのだなあ。

◆ 結婚という高いハードル (今日の天声人語 #4)

政府発行の「少子化社会対策白書」から、結婚を考察するコラムかと思いきや、白書分析をして、「どう考えるか難しい」だと放り投げている。 んじゃ、取りあげるなよ。 最後から8行目、そこからコラムを書くのが、コラムニストの腕の見せ所でしょう。 それと…

◆ 「金目」発言に驚く (今日の天声人語 #3)

「金目」は「かねめ」と読み、 金銭的価値の高いこと、高価という意味もあり、こちらは知っていたが、その他の意味として、金銭に換算した価値、要するに値段のこともいうらしい(デジタル大辞泉より)。不勉強でした。さすが芥川賞作家の息子。 <石原環境…

◆ 「フレイル」という言葉 (今日の天声人語 #2)

日本老年医学会は「健康と病気の中間的な段階をフレイルと呼」んで、一般的に「老化現象」と呼ばれてきた、高齢になって筋力や活力が衰えた段階の名称を統一し予防意識を高めるのだという。 「老人力」ってヤツが「フレイル」になったんですかね? 筋力・活…

◆ 天声人語を写してみる (今日の天声人語#1)

天声人語を手書きで写してみることにしました。クリエイティブな行為ではないと充分解りつつ、まあ一種の修行とご理解ください。 まずは、3日つづけてみます。それにしても、天声人語が名文だって、言ったヤツ、誰だよ(笑)。 「遊ぶサッカーへの道」 別に…

目指せ、トイカメライター! のはずが、トホホ。

昨夜は、かさこ塾(http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=739)の第3回目でした。 昨夜のプログラムは、 前2回でのだされた課題と、受講者自身の現状の悩みについて、受講者それぞれがみんなのまえで発表(プレゼン)し全体共有して、 その…

録りためた映画を息子とふたりで観る金曜日

今日は、連れ合いが終日外出のため、ほぼ身動きとれず。息子(0)とふたりで、長い一日を過ごすことになりました。男同士で外出も考えたのですが、息子が風邪気味なので控えることに。さて、どうしよう。こういうときにこそ、録画しっぱなしで溜まりに溜まっ…