読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

積ん読王の 自由画帖

〈読み、考え、旅をし、見て、話して、書く〉同時代ノート。

【刺さる読書 #034】杉本宏之『30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由』で感じたい、ひとりの生きた人間の”息づかい”

杉本宏之『30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由』(ダイヤモンド社)、読了。 いつも楽しく読ませてもらっているブログで、この本をやけに推してんなあと思ったら、こういうことでした(笑)。 起業して成功したいなら、失敗を恐…

【刺さる読書 #032】東浩紀『弱いつながり』から改めて問い直してみる、この時代に「旅」をする意味

東浩紀『弱いつながり 検索ワードを探す旅』(幻冬舎)、読了。 先日読んだ、佐々木俊尚の『自分でつくるセーフティネット』で、「弱い絆」の持つ強さ、みたいなことを語っていたのだが、同時期に本屋に並んでいた本書のテーマもまた「弱さ」である。弱いつ…

【刺さる読書 #030】佐々木俊尚『自分でつくるセーフティネット』を読んで思い出した、母からの言葉

佐々木俊尚『自分でつくるセーフティネット 生存戦略としてのIT入門』(大和書房)、読了。自分でつくるセーフティネット~生存戦略としてのIT入門~作者: 佐々木俊尚出版社/メーカー: 大和書房発売日: 2014/07/26メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を…

【刺さる読書020】林雄司『世界のエリートは大事にしないが、普通の人にはそこそこ役立つビジネス書』を月曜朝の通勤途中に読んで、ぜひお仕事に役立ててください(笑)

林雄司『世界のエリートは大事にしないが、普通の人にはそこそこ役立つビジネス書』(扶桑社)、読了。世界のエリートは大事にしないが、普通の人にはそこそこ役立つビジネス書作者: 林雄司出版社/メーカー: 扶桑社発売日: 2014/04/10メディア: 単行本この商…

【刺さる読書018】『サラリーマンだけが知らない 好きなことだけして食っていくための29の方法』を、いまも一度読んだらどんな感想を抱くだろう。

立花岳志『サラリーマンだけが知らない 好きなことだけして食っていくための29の方法』(大和書房)、読了。 「29の方法」とあるが、「29の考え方」のほうが正確な気がする。サラリーマンだけが知らない好きなことだけして食っていくための29の方法作…

【刺さる読書#017】『かんたんなのに、ほとんどの人がやっていないお店にファンをつくるウェブ発信の新ルール』が教えてくれる、人を集める10のコツ

仲島ちひろ『かんたんなのに、ほとんどの人がやっていないお店にファンをつくるウェブ発信の新ルール』(角川書店)、読了。 人気キュレーションメディア&ネットショップ「箱庭」の情報発信、運営手法をあますところなく公開した本だ。かんたんなのに、ほと…

【刺さる読書#016-2】 岡田斗司夫『プチクリ』を読んで思い至った、あの一言

(承前) 素晴らしい作品を作るのは、決して「大いなる才能」ではありません。 それよりももっと問題なのは、「確実な表現力」です。 「才能」と「表現力」は違うのであり、「クリエイタに必要なのは才能ではなく表現力だ」と岡田斗司夫は言う。表現力とは、…

【刺さる読書#016-1】 岡田斗司夫『プチクリ』を読んで驚いた、素晴らしい作品を作るのに必要なもの 

岡田斗司夫『プチクリ 好き=才能!』(ロケット)、読了。もう10年近くまえの本だけど、書かれていることはいまでも充分通用すると思う。プチクリ!―好き=才能!電子版作者: 岡田斗司夫 FREEex出版社/メーカー: 株式会社ロケット発売日: 2013/12/18メデ…

【刺さる読書#013】MEGWIN-関根剣『YouTubeで小さく稼ぐ』が教えてくれた、たった1つの大事なこと

MEGWIN-関根剣『YouTubeで小さく稼ぐ 再生回数2億回の達人が教える、撮った動画をお金に変える方法』(大和書房)、読了。YouTubeで小さく稼ぐ ~再生回数2億回の達人が教える、撮った動画をお金に変える方法~作者: MEGWIN-関根剣出版社/メーカー: 大和書房…

【刺さる読書 001】『嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え』をもっと早く知っていたら!

岸見一郎/古賀史健『嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え』(ダイヤモンド社、kindle版)、読了。ぼくのまわりではやたら話題になっているらしく、読書会も開かれているみたい。ま、誰かと語るのに取りあげやすい内容だとは思うけど。嫌われる勇…