読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

積ん読王の 自由画帖

〈読み、考え、旅をし、見て、話して、書く〉同時代ノート。

『途派文芸集』、かわった本をみつけた

帰り道に銀座のブックファーストに立ち寄ったら、こんな本をみつけた。見慣れない版元だなと、手にとってみる。途派文芸集第一巻作者: 田丸雅智,佐藤文香,島田潤一郎,荻野直人,三川祐,苅谷崇之,山本和之出版社/メーカー: パブリック・ブレイン発売日: 2016/1…

横溝正史のブーム ~面白い小説を見つけるために #6

ルパン(モーリス・ルブラン)から、江戸川乱歩(じっさいには読書体験はなかったのだが)と来たが、ここで横溝正史に触れておく。 thx.hateblo.jp横溝正史作品もまた、ぼくは読んでいない。正確に言うと、何冊か手にとったんだけど難しすぎて歯が立たなかっ…

明智小五郎をはじめて読んでみる ~面白い小説を見つけるために #5

なかなか江戸川乱歩から離れられないが、これでいったん最後にします。 thx.hateblo.jpふと本屋をぶらついていたら、乱歩の『怪人二十面相』が新潮文庫nexの新刊として棚に刺さっていた。タイミング良すぎだが、なにゆえに新潮文庫nex? ラノベ? あれ映画化…

読書芸人大賞、ってのがあるんですね。

知りませんでした。 www.tv-asahi.co.jp番組観ていないですが、 でも、ノミネート作品が全部「大賞」ってのは、ないんじゃないでしょうかね。文学好き、小説好きを標榜するなら、そんな上っ面な優しさは似合わないでしょう。

回想の江戸川乱歩 (2) ~面白い小説を見つけるために #4

小林信彦『回想の江戸川乱歩』(光文社文庫)の話を続ける(はてなのAmazonリンクではなぜか文春文庫版しかヒットしない。光文社文庫版はもう絶版ということか)。回想の江戸川乱歩 (文春文庫)作者: 小林信彦出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 1997/05メディ…

回想の江戸川乱歩 (1) ~面白い小説を見つけるために #3

前回まで。 thx.hateblo.jp 先日、読書会が終わった後の懇親会でのこと。参加者の方たちと、小学生のときには何を読んでいたかという話に、たまたまなった。 参加者は、みなさん30代、ぼくより10歳は若い。 口から出てきたのは、やはりというか、ドイルと乱…

ルパンの「大錯覚」 ~面白い小説を見つけるために #2

前回、モーリス・ルブランのルパンの話からはじめた。 thx.hateblo.jpその直後、また本棚を漁っていたら『百年目』(新潮文庫)という本を発見(発見というか自分が忘れていただけなのだが)。サブタイトルには「ミレニアム記念特別文庫」とあるぞ。平成12年…

ジュブナイルの思い出 ~面白い小説を見つけるために #1

初秋の休日。 本棚を漁っていたら、こんな一文に出くわした。 僕が最初に本を詠み始めた時、といっても絵本類の段階を抜きにして考えると、小学校入学の少し前からだったと思う。最初は、他の誰もがそうであるように、僕も童話の類にとりついた。 (中略) …