読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

積ん読王の 自由画帖

〈読み、考え、旅をし、見て、話して、書く〉同時代ノート。

ひろがる読書術 #2

「読書会の技術」を、いったん「ひろがる読書術」と広義に捉えてみた。 「つながる」というよりも、「ひろがる」。ぼくという主体が中心のネーミングである。前回まではこちら。 thx.hateblo.jp なぜ読書会をはじめたか この読書会をはじめたきっかけは、ぼ…

みんなで面白がる場 ~読書会の技術

地元で、読書コミュニティをずっと企画運営している。読書会といわれる集まりだ。 今年の11月で丸5年。ほぼ月イチでやっていて、順調にいけば来春には100回達成予定。回数にこだわるわけではないけど、ひとつの区切りにはなる。 ちゃんと数えたことはないが…

自分に必要な〈問い〉を立てて生きていく ~西野亮廣『魔法のコンパス』を読む

本の話がつづきます。*西野亮廣『魔法のコンパス』(主婦の友社)を読みました。 著者はお笑いコンビ「キングコング」の芸人*1さんで、絵本作家でもある、みたい。この本は、彼の「思考と行動」をつづったエッセイです。ビジネスのヒント集といってもいいけ…

3つの円から考える、《ライフ・デフラグメンテーション》

先日ちょっと話した、アニメプロデューサー石井朋彦さんの『自分を捨てる技術』(WAVE出版)。 なかなかに面白く、つい一気読みしたい衝動に駆られてしまうんですが、ややセーブをして、今日いったん読み終わりました。thx.hateblo.jpきっと何回か読み直すこ…

再起動するための知的デフラグ術 ~石井朋彦『自分を捨てる仕事術』を読む

「再起動するための知的デフラグ術」というのをはじめます。ほんとは「知的デフラグ術」ではなく、「教養」とか「読書術」とかにしようと思ったのですが、少し幅を持たせたテーマ設定にしてみました。**いま、アニメプロデューサー石井朋彦による『自分を…